沿革

当科の沿革

本講座の前身は、旧第一内科(消化管、肝臓、糖尿病の診療・研究班で構成)に1989年(当時 佐藤俊一主任教授)丸浜喜亮教授が着任し、糖尿病・代謝グループ(第6研究室)を主催したことから始まります。

2003年12月に佐藤 譲先生が、新設された糖尿病・代謝内科に初代教授として就任し、旧第一内科より分離いたしました(現在、旧第一内科は消化管内科分野、肝臓内科分野、糖尿病・代謝内科分野の3分野に分かれる)。その後、2008年機構改革により内科学講座糖尿病・代謝内科分野と名称を改めています。教室の場所は第5研究室、第6研究室、教授室と散在していましたが、2011年には現在の医局に移り、医局員全員が同じ場所にまとまることができました。

写真左:丸浜喜亮 教授/写真右:佐藤譲 教授

講座開設当時は7名だった医局員も、徐々に人数が増え、現在は16名(2名長期出張中)を数えます。佐藤 譲前教授の就任以降10年間で、10人の医学博士と8人の糖尿病専門医を輩出しております。
2013年9月に石垣 泰が第2代教授として就任し、医局と地域の糖尿病診療のさらなる発展をめざしております。

集合写真